家づくりの知恵と工夫

仕切って整理整頓

私がよく使う収納術としては、まずは「仕切る」ということです。どう仕切るかというと、空き箱などで引き出しの中を仕切って、単品だとまとまりづらい物を入れて整理するようにしています。
例えば、靴下やハンカチなどは、そのまま引き出しに入れてしまっても、なかなかすっきりしませんが、箱で内部を細かく仕切ると、きれいに出し入れしやすくなります。何がどこに入っているかも分かりやすくなるので、朝忙しいときもすごく便利です。
ちなみに仕切りに使うのは、牛乳パックが多いです。丈夫だし、サイズがハンカチや靴下にはちょうどいいのです。見栄えを気にする人は、きれいな布とか貼ってもいいかも知れません。
それから、靴が入っている箱はよく文庫本の整理に使っています。本棚に入りきらなくなったけど捨てられない本は、こうやってまとめてクローゼットの奥に仕舞っています。
それから、かさ張るものを布団圧縮袋で圧縮するという手もあります。
冬用の毛布やダウンジャケットなどは、いつも圧縮して収納しています。そのままの状態で片付けようとしても、狭いワンルームなので入らないのです。
初めて圧縮したときは、「ちゃんと元に戻るのかな」と心配だったけど、袋から出せば圧縮されていたことが全く分からないぐらいまで戻るので、今では手放せません。

Copyright (C)2017家づくりの知恵と工夫.All rights reserved.